【タウラス杯】初日の結果と感想

タウラス杯1日目の結果と感想

+1

タウラス杯楽しんでいますか?

対人戦として初めてのイベントで、手探りで情報を集めている人が多いと思います。

そこで今後のチャンピオンズミーティングのためにも実際に初日(ラウンド1)を走ってみた感想や、実際の出場したキャラのパラメータや戦績などをまとめていきます。

※参加したのはグレードリーグです。オープンの方にはあまり参考にならないと思います。

【個人的に思う】タウラス杯のポイント

POINT
  • スタミナ、めちゃくちゃ大事
  • デバフは入れても1人
  • 固有が発動しやすいキャラが強い

スタミナ、めちゃくちゃ大事

これはもう当然なことですが、スタミナはめちゃくちゃ大事です。

今回のタウラス杯は2400mですが、初日走った感じでは、スタミナ切れをせずに走るには最低800+スタミナスキルは必要でした。

後で紹介しますが、逃げのミホノブルボンで800+コーナー回復が発動した状態でも最終直線でスタミナ切れを起こして失速していました。

安定して勝利している方は1000+回復スキルという感じですね。

今後、対人戦向けのキャラを育成する場合はスタミナを必ず盛るようにしましょう。

デバフは入れても1人

個人的にデバフキャラは作っていないのですが、デバフキャラを入れることで残りのキャラに勝たせる戦法の場合、

逃げ(主にブルボン)、好きなキャラ(差し追込が多い)、デバフキャラ(主にネイチャ)

という構成が多い気がしました。

固有が発動しやすいキャラが強そう

グレードリーグでも、対戦相手はだいたい能力が近い場所の相手が選ばれている気がしました。

そんな中で強いなと思ったキャラは以下の通りです。

もちろんパラメータの差や、計20回しか走れていないので、参考程度にしてください。

戦って強いと感じたキャラ
  • ミホノブルボン(逃げ)
  • ゴールドシップ(追込)
  • ナリタタイシン(追込)
  • スペシャルウィーク(差し)

上記のキャラは強いと感じました。

基本的にブルボンの逃げ残りが多く、逃げ同士でつぶしあいをした場合は追込のゴルシやナリタタイシンが飛んでくるという感じがとても多かったです。

ルドルフの固有はとても強いと思うのですが、初日には強いと思う相手に当たらなかったので挙げていません。

個人的なタウラス杯のデータ

ここからは個人的なデータやどんなキャラを出場させたかを紹介します。

※育成が甘いのはご了承ください!

タウラス杯のデータ
  • 参加日:タウラス杯初日(21/05/14)
  • リーグ:グレードリーグ
  • エントリー回数:4回
  • 勝利数:3回、4回、4回、5回
  • 出場時間:12時前半、12時後半、16時後半、18時後半
  • 出場キャラ:テイエムオペラオー、ミホノブルボン、ナリタタイシン

※出場データを取得できる分は後日取得します。

参加メンバーデータ

テイエムオペラオー

タウラス杯初日、テイエムオペラオー

感想

20回走って、おそらく1回も固有スキルが発動せずに1回も1着を取れなかったテイエムオペラオー

正直、ここまで発生しないとは思いませんでした。笑

育成が甘いとは思ってましたが、ここまでダメとは。。

2日目はキャラを変更します!

ミホノブルボン

タウラス杯初日、ミホノブルボン

感想

そこそこ勝率の高かったミホノブルボン。

相手に逃げが居ない場合などは逃げきる率も高かったです。

ただ、スタミナ800とコーナー回復が発動しても最終スタミナ切れになっていたことも考えると、スタミナ1000は欲しい。

ナリタタイシン

 

タウラス杯初日、ナリタタイシン

感想

ミホノブルボンに次いで勝率が高かったのがナリタタイシン。

ミホノブルボンに逃げ切られるか、追い込んで差すかというレースが多かったですね。

まとめ

需要があるかはわかりませんが、急遽まとめようと思って自分のタウラス杯初日の出場データについてまとめました。

明日以降は固有の発動回数などもチェックしていく予定です。

どんな育成をしていけばよいのか悩んでいる方の参考に少しでもなればうれしいです。

ご意見や質問などありましたらTwitterにいただければと思います。

+1