台風の名前の付け方について調べてみた。


例年、猛威をふるう台風

その台風に名前がついているのを

ご存知ですか?

今回はそんな台風の名前について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

台風の名前って?

 

100902_illust1

日本国内では

台風は主に数字で呼ばれていますよね。

たとえば8号とか23号とか。

 

 

あれは簡単に台風が発生した順番により決まります。

 

 

たまにいつの間にそんなに発生していたんだ!?

って時もありますよね。笑

 

 

ここまではみんな知っていると思います。

 

 

でも実はその名前の他にも

名前がついていることはご存じでしょうか?

 

 

有名なのが

 

2013年の台風3号。

この台風の名前は

 

「ヤギ」でした。笑

 

 

現在ヤギが沖縄に上陸しました!や

ヤギが関西方面に向かって進行しています!など

 

ちょっとした話題になりました。

 

どこのディスカバリーチャンネルやねん!

 

と一人で突っ込んでいた気がします。笑

 

 

 

さて、その名前ですがいったい誰がつけているのでしょう。

 

 

台風の名前は誰がつけているの?

[ad#ad-1]
台風の名前は

実は日本を含む

14か国がすでに名前を付けているのです。

 

 

台風にはあらかじめ140個もの名前が用意されています。

 

 

その名前を発生していった順番に付けていくのです。

ちなみにヤギというのは

19番目の名前だそうです。

 

 

順番に名前を付けていき

140個が一周すると

また1番からつけていく決まりになっています。

 

 

 

この記事を書いている2014年7月現在、

7月としては最大級の台風が発生しました。

 

 

その名もノグリー

 

 

韓国語で狸(たぬき)という意味だそうです。

 

 

韓国では

 

「たぬきが日本で猛威をふるっています!」

 

なんて言ってるのでしょうか。

たぬきの画像

 

 

どこのディスカバリーチャンネルやねん!

 

もう一度言わせてもらいました。

 

 

 

 

なんでこんな名前なの?

 

実は台風の名前は

動物の名前ばかりではありません。

 

 

マリア・フランシスコ

のように人の名前だったり

 

 

ラマスーン・ハイシェン

のような神様の名前だったり

 

 

実にいろいろな種類があります。

 

 

じゃあ、なぜそのような名前を付けるのでしょうか。

 

 

それは身近なものの名前を付けるという決まりがあるようです。

 

それに日本の場合は星座を名前にしているようです。

 

 

つまり冒頭のヤギ

やぎ座からきていたんですね。

 

 

台風を見ると

子供の頃のわくわくする気持ちが

よみがえってくるのと同時に

今日の内容を知って

さらなるわくわくを感じるだろうと

思いました。

 

 

 

ですが、台風には十分に気をつけてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る