お月見の見ごろといえばいつ?


秋。涼しくなってきて気持ちのいい夜。

 

やっぱり秋はお団子を食べながらのお月見が最高ですよね。

スポンサードリンク

 

 

お月見とは

 

そもお月見とはいったい何なのでしょうか。

otukimi1

お月見とは元々は中国の行事です。

旧暦の8月15日に

お団子やお餅を

月にお供えしていたようです。

 

 

日本にも縄文時代から

お月見という文化はありましたが

先述した中国のお月見が日本に伝わり

日本では年に2回お月見をする習慣が生まれたようです。

 

 

ちなみによく聞く十五夜とは

旧暦でいう8月15日。

この日は中秋の名月とも言われます。

 

元々日本のお月見の日である

旧暦の9月13日は

十三夜と言われています。

 

 

そして代表的なお月見の日である

十五夜は旧暦で決まっているので

毎年日にちが違ってきます。

 

 

 

十五夜と十三夜をまとめてみた

 

十五夜と十三夜をわかりやすいようにまとめてみました。

 

西暦 十五夜 十三夜
2014年 9月8日 10月6日
2015年 9月27日 10月25日
2016年 9月15日 10月13日
2017年 10月4日 11月1日
2018年 9月24日 10月21日
2019年 9月13日 10月11日
2020年 10月1日 10月29日

 

毎年結構違うものですね。

この表を使って毎年お花見してみてくださいね♪

 

私も毎年お月見の日があります。

ちゃんとお団子を買ってきて

食べています。笑

 

お月見に関する面白い話

 

子供のころからお月見の話が出てくると

ウサギの話も出てきますよね。

今回は月とウサギの因果関係について調べてみました。

 

20070920_406005

 

 

 

 

月とうさぎの関係にはいろいろな説があります。

その中でも

インドのジャータカ神話が有力とされています。

 

 

簡単に要約すると。。。

 

 

仲良しのウサギとさるときつねがいました。

3匹は来世人間になるために

今生きているうちに人間の役にたつことをしようと決めました。

 

それを見た神様が老人に姿を変え

3匹の前に現れました。

 

 

老人はとてもおなかをすかせているようで

それを見た3匹が食料を集めに行きます。

 

 

さるは得意の木登りで木の実や果物を

きつねは川から魚を取ってきます。

 

 

ウサギも頑張って食料を探しますが

一向に見つけられません。

 

 

老人の元に帰り、

火を焚いて待っていてくださいと伝えます。

 

ウサギが戻ってきましたが

何も食料は持っていません。

 

 

するとウサギは

「私には食料をとる力がないので、

どうかわたしを食べてください」

 

そういって火の中に飛び込みました。

 

 

これを見た老人に扮した神様が

 

「3匹の気持ちはよくわかった。

来世は人間にしてやろう。

ウサギには悪いことをしてしまった。

永遠にウサギの姿を月に残るようにしてやろう」

 

こういった話です。

 

 

感動しますよね。

気になる方は調べてみてください。

もっと詳しく解説しているサイトもいっぱいあります。

 

お月見みお供えするものって?

 

[ad#ad-1]

 

ここではお月見にお供えするものについて

解説していきたいと思います。

 

 

そもそもお月見にお供え物をする理由は

穀物の収穫に感謝して始まったとされています。

米を丸くし、月に見立ててお供えをした。

これが月見団子の始まりだそうです。

 

なのでやはり定番は

お団子がいいかと思います。

食べたいだけですけどね^^笑

 

 

個数もいくつかの説があります。

十五夜にちなんで15個。

十三夜のときは13個。

その年の満月の数=12個(閏年は13個)

 

 

こういった感じですね。

 

そんなに食べてたらおなか一杯になってしまいます。笑

 

 

信仰するのも大事ですが

個人的に楽しむことが

神様も喜んでくれるのではないかと

思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る