夏バテの対処法・決定版!つらい残暑を乗り越えるためのバイブルに!

夏バテの対処法・決定版!つらい残暑を乗り越えるためのバイブルに!

まだまだ毎日暑くて、食欲もなくなってきていませんか?

クーラーにずっと当たっていると夏バテになってしまっても仕方ありません。

しかし、夏バテになってしまうとしんどくてなにもする気が起きないですよね。

しっかりと夏バテの対処法を勉強して、苦しい残暑を乗り越えましょう。

スポンサードリンク

夏バテの症状とは?

夏バテってよく聞くけど、どんな症状なのでしょうか。

夏バテの対処法・決定版!つらい残暑を乗り越えるためのバイブルに!

夏バテの症状には以下のようなものがあります。

 

  • 食欲がない
  • 身体がだるい
  • 頭痛がする
  • 下痢や便秘
  • めまいや吐き気がする

このような症状が現れたら夏バテのサインかもしれません。

 

夏バテというとだるさや食欲不振がよく言われますが、胃が弱ることによって便秘や下痢なども引き起こされるのです。

夏バテの原因は?

夏バテになる原因を説明します。

 

夏バテとは自律神経の乱れからくる症状です。

 

自律神経が乱れることによって体温の調節が難しくなり、だるさや眩暈などを引き起こします。

 

夏バテの食欲不振には暑さも関係してきます。
暑くなると水分を過剰に摂取しがちです。

 

水分を過剰に摂取することによって胃液が薄まります。
胃液が薄まることでうまく機能せずに食欲も落ちてしまいます。

 

食欲が落ちることに降り、食事の量が減ります。
食事の量が減り、体内に必要な栄養素が不足します。

 

結果、疲労が取れなくなり、だるくなるという悪循環に陥ります。

 

具体的な原因を紹介していきます。

クーラーで身体を冷やしすぎる

夏バテの原因の大半を占めるのがクーラーの当たり過ぎでしょう。

クーラーの当たり過ぎは夏バテの原因に

暑くなると、どうしてもクーラーに頼りがちです。

しかし、クーラーに当たり過ぎると自律神経が乱れ体温調節が下手になります。

 

クーラーで体温が冷やされると血行が悪くなり、身体の隅々まで栄養が届かなくなり疲れやすい身体の原因になります。

 

夏の冷え性などは主にクーラーのせいで血行が悪くなってしまっているせいです。

血行が悪くなると、頭痛も引き起こすようになるのでクーラーの当たり過ぎには注意しましょう。

夏バテ予防と対策法

夏バテは気を付けることによって予防することができます。

夏バテにならない為にもしっかりと予防・対策を心がけましょう。

まずは水分補給をしっかりと

水分の過剰摂取で胃液が薄まるといいましたが、やはり水分補給は必要です

 

注意するのが、キンキンに冷えた水は飲まないこと!

 

暑いとどうしてもキンキンに冷えた水やお茶を飲みたくなりますが、グッと我慢しましょう。

 

冷えた水だと身体の中心部を冷やし過ぎてしまうことと、胃にも非常に負担になります。

 

オススメなのは常温のスポーツドリンク!

 

常温のスポーツドリンクを飲むことで身体に吸収されやすく胃にも優しいのです。
しかし、一気に飲まないようにし、噛むようにゆっくり摂取しましょう。

最近では経口補水液も注目されています。

経口補水液は自宅でも作ることができます。

  • 水:500ml
  • 砂糖:20グラム
  • 塩:1.5グラム

 

これを混ぜるだけで作れるので、とても簡単ですね。

NHKでも経口補水液の作り方を紹介していました。

0:43付近から紹介しています。

 

経口補水液の飲み方についての動画も紹介しておきます。

クーラーの風に直接当たらない

クーラーの風に当たり過ぎると体温調節が下手になり夏バテを引き起こします。

クーラーの風には当たり過ぎない、直接風には当たらないことをこころがけましょう。

 

しかし、職場などでクーラーをフル稼働させている仕事場も少なくないはず。
女性にとっては天敵ですね。

 

そのような場合には、長袖のカーディガンやひざ掛け、ブランケットなどを持参して身体を冷やしすぎないように注意しましょう。

夏バテの予防には食事も効果的

夏バテには食事をしっかりととることが効果的です。

 

食欲がないからといって食事をとらないことは夏バテに一番いけません。

 

夏バテにはビタミンBを意識的に摂取することが効果的です。

ビタミンBが含まれる食物は

  • 豚肉
  • バナナ
  • 牛乳

などがあります。

 

この時期に夏バテでも食べやすいものといえば冷しゃぶなどがオススメですね。

簡単な冷しゃぶの作り方もありましたので紹介します。

まとめ

夏バテの対処法としては

  • 経口補水液で水分をしっかりと摂取
  • 食事で栄養をしっかりと摂取
  • クーラーには十分に気を付ける

でバッチリです。

つらい残暑も夏バテにならないように注意してしっかりと乗り越えましょう。

↓ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります↓


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る