マダニが犬に引き起こす病気とは。予防策は大丈夫?

マダニが犬に与える影響とは

最近ニュースでも取り上げられることが多くなってきた
マダニ。

このマダニが犬に寄生することによる
病気が現在問題になってきています。

スポンサードリンク

マダニとは

よく勘違いされがちですがマダニはダニと同じような
小さな生物ではありません。

マダニの大きさは他のダニに比べて非常に大きく
通常時でも2mm~3mm程度の大きさで、
肉眼でもはっきりと確認することができます。

マダニの身体的特徴

マダニの見た目は蜘蛛のように8本の足がある節足動物の仲間です。
大きさは上部に書きましたが、てんとう虫くらいの大きさをしています。

マダニは血を吸うのですが
吸血後の大きはは風船のように膨らみ
全長1cmをこえる大きさにまで膨らみます。

 

 ↓吸血後のマダニの歩行シーン

映像のマダニは2.3cmにまで膨らんでいます。

マダニが犬に与える悪影響

マダニは草むらなどにいるので
犬の散歩中に自然についてしまったということも少なくありません。

犬とマダニの関係

画像引用元:https://www.bayer-pet.jp/pet/library/parasite/madani/madani01.html

 

マダニが犬の血を吸うことで考えられること病気が

  • 貧血
  • アレルギー性皮膚炎
  • ダニ麻痺症

などがあります。

それ以外にもマダニは色々なウイルスを持っているので
以下のような症状にもかかる場合があります。

  • エールリヒア症
  • バベシア症
  • ライム病
  • 日本紅斑熱
  • Q熱

などなど病状の軽いものから重いものまで
様々な症状にかかることもあります。

先ほど列記した内容は
犬だけでなく人間にもかかる場合があるので
マダニは本当に危険な生物であると言えるでしょう。

マダニが愛犬につかないようにする予防策とは

上記の内容を読んで頂ければわかるように
マダニは本当に危険な生物です。

噛まれた場合などはすぐに医師や獣医に見てもらうようにしましょう。

大事な予防策ですが
シャンプーや防虫スプレーなどで予防できます。

防虫スプレーとはいえ
虫を殺すのではなく、寄せ付けなくするスプレーを選ぶ必要があります。

↓おすすめの防虫スプレーはこちらから↓
エコロジー雑貨のオンラインショップ

 

万が一愛犬が病気にかかった場合のために
今ではペット用の保険も作られているのですね。

いざという時のために
愛犬家の皆様はチェックされておいたほうがいいかもしれません。

↓おすすめペット用保険はこちらから↓

防虫スプレーの手作り方法

なんと防虫スプレーは手作りで作成することもできます。

方法はいろいろあったのでWEBで検索してみるのも
面白いかもしれません。

今回はその中でも特別簡単な方法をお伝えします。

ダニの苦手な匂いである

  • ユーカリ
  • ペパーミント
  • レモン
  • ラベンダー
  • ティーツリー
  • ゼラニウム

だそうで、作り方としては

手作り防虫スプレー

たったこれだけ!

 

簡単に作れますよね♪

しかし、水と油なので成分は混ざりません。

使用の際は
しっかりと振ってから使用してください。

保存料もなにも入っていないので

  • 作成から2週間で使い切る
  • 暑い場合は冷蔵庫で保管

この二つは絶対に守るようにしてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る