花で百花の王(ひゃっかのおう)とはいったい。

百花の王

テレビで出題され話題になっている『百花の王』(ひゃっかのおう)と呼ばれる花を
あなたは知っているだろうか。

百花の王とはいったいなにか。調べてみました。

『百花の王』(ひゃっかのおう)とは

百花の王、また、百花王(ひゃっかおう)とも言われる花の正体は
牡丹(ぼたん)です。

百花の王

画像引用元:http://ja.wikipedia.org

牡丹には百花の王以外にも別名があります。

  • 富貴草
  • 花王
  • 花神
  • 花中の王
  • 天香国色
  • 名取草
  • 深見草
  • 二十日草(廿日草)
  • 忘れ草

などなど、いろいろあります。

百花の王の由来

なぜ牡丹が百花の王と呼ばれるようになったのかは
中国の盛唐期までさかのぼります。

元々牡丹は中国の漢方用の素材として利用されていましたが、
盛唐期以降に牡丹の花がどの花よりも優雅で、豪華であるということから
百花の王(百の花の王である)と名付けられた説が有力です。

牡丹の花をyoutubeで見てみる

付けられた名前からも
牡丹はとても優雅で綺麗な花です。

パッと思い浮かばない人のために
youtubeで綺麗さがわかる動画を発見したので
ちょっとシェアさせていただきます。

 

見ていただけた方には美しさが伝わったかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

牡丹の花は「百花の王」その名に恥じない
綺麗な花であることが伝わったと思います。

牡丹の栽培方法は簡単で
春に花付きの鉢植えが、秋に苗木が販売されているので
それで簡単に栽培できるので、
今回興味を持った人は是非栽培してみてください。

↓ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります↓


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る