がんにおける放射線治療にかかる費用・またその副作用について

放射線治療

 

近年がんになる人が増えてきています。

今回はがんの治療によく使われる

放射線治療について少し解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

放射線治療とは

 

 

がん患者は年々増加しており、

2014年現在、3人に1人ががんになると

言われています。

 

 

その中で

日本の医療技術が発達し、

さまざまな治療法が確立されてきました。

 

 

がんの治療方法もたくさんあります。

その中でも

放射線治療は有名な治療方法でしょう。

 

 

 

今回はそんな放射線治療について

少し解説を加えていきたいと

思います。

 

 

放射線治療ってどんなことをするの?

 

surgery-79584_1280

 

皆さんも放射線治療について

名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

 

 

ですが、実際にどのようなことをするのか

ご存知では無い方も多いと思います。

 

 

放射線治療とは、

がんを切らずに治す

治療法として確立されました。

 

 

 

 

放射線ときくと怖いと思う方も多いと思いますが、

治療のために使われる放射線は

身体にはできるだけ影響が少ないように

計算されて放射されます。

 

 

 

放射線治療とは

簡単に説明すると

がん化してしまっている部位に

放射線を当てて細胞をやっつける

治療方法です。

 

 

 

身体にメスを入れないので

体力的にはメスをいれる手術と比べ

負担が少ないのが特徴です。

 

 

 

治療法などは病状により変わってくるので

ここでは割愛させていただきますので

知りたい方は専門のサイトを見てください。

 

 

 

放射線治療の副作用ってなに?

[ad#ad-1]

 

もちろん出来るだけ副作用が出ないように

医師側もしていますが、

体内に放射線をあてるので

どうしても副作用は出てきてしまいます。

 

次に例として挙げてみたいと思います。

 

 

疲労感やだるさ

放射線治療をすると、疲労感やだるさなどが出てくる場合があります。
対策:疲労感がある場合は無理をせずに十分な休息を取りましょう。治療が終わり、数週間たつとこの副作用はなくなります。

 

 

吐き気

腹部や頭部に放射線を当てることにより、吐き気をもよおす可能性があります。
対策:医師に相談し吐き気を抑える薬を処方してもらいましょう

皮膚がかゆい、赤くなる

放射線を照射した部位がかゆくなったり、赤くなったりします。
対策:直射日光やお湯、冷水などで刺激を与えないように注意しましょう軟膏など薬を塗っていいかは医師に相談しましょう

 

 

口内炎ができる、のどが渇く

口の中やのどに放射線を照射することにより
口内炎が出来たり、のどが渇いたりします。
対策:毎食後、就寝前、起床時にやわらかい歯ブラシで歯を磨くなどして口の中を清潔に保ちましょう。また、刺激物などは接種しないようにしてください。

 

 

食欲の低下

腸などに放射線をあてることにより食欲の低下が起こる可能性があります。
対策:がんによるストレスにより引き起こされている可能性もあります。栄養はしっかりと取った方がいいため、医師や栄養士に相談しましょう

 

 

脱毛

頭部に放射線を当てることにより、脱毛の症状が起こる可能性があります。
対策:直射日光や乾燥などに気を付けましょう。医療用ウィッグやかつらなどを使用するのもよいでしょう。

 

 

などが主な副作用となります。

共通していえることは

我慢せずに

 

医師に相談しましょう。

 

 

 

放射線治療の費用はどのくらいかかるの?

 

 

やはり、身体が大事なのはもちろんなのですが、

それにかかる費用なども気になります。

 

 

身体が無事でもお金がないと生活できませんから。

 

 

放射線治療はがん治療などに多く用いられます。

がんの種類により回数や治療の種類も変わってきます。

それにより治療費も変わってきます。

 

 

肺がんの場合・・・約60~70万程度。3割負担の場合20万程度

食道がんの場合・・・約30~40万程度。3割負担の場合20万程度

前立腺がんの場合・・・約80~110万程度。3割負担の場合25~33万程度

 

これに別途入院費などが加算されます。

 

これはあくまで目安です

 

重粒子線治療など高度先進医療の場合、

保険適応外になりますので気を付けてください。

 

保険適応の場合、

高額療養費制度が適応できる可能性がありますので

そちらはこちらを参考にしてください

 

→ 現在修正中!

 

 

 

また、がんなどに効く先進医療は保険適応外であり、

治療費は高額である場合がほとんどです。

この場合、費用が払えずに断念する人が非常に多いです。

(重粒子線治療などの場合1回300万程度かかります。)

 

 

 

 

しかし、民間の医療保険に入っていると

月額1000円程度の特約で先進医療費を

全額負担してもらえます。

 

 

この制度はできてまだ日が浅いので

知らない人も多いです。

 

 

あなたが今入っている保険には

この特約が付いていますか?

 

 

もし何年も見直していないようなら

これを機に保険の見直しを

 

 

強くオススメします。
→  世界トップクラスの保険コンサルタントによる無料保険相談はこちら

今の行動ひとつで

守れる命

守れる未来

があります。

 

 

少しでもお役に立てればうれしいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る