日焼けによるかゆみの対処法!ぶつぶつになった肌に潤いを!

日焼けによるかゆみの対処法!ぶつぶつになった肌に潤いを!

いよいよ夏が近づいてきていますね!

夏が来るのはうれしいのですが、肌を露出して外出することで日焼けをします。

その日焼けした場所がかゆくて困った!そんな体験ありませんか?

今回はそんな日焼けによるかゆみの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

日焼けするとなぜかゆくなるか

夏に海に行ったり、肌を露出して野外にいるとすごい日焼けしますよね。

ひやけによるかゆみの止め方

日焼けして、ヒリヒリして皮がむけるのは
みんな一度は体験したことがあるのではないでしょうか。

日焼けした肌はやけどと一緒というのはよく聞きますが、
なぜかゆくなるのでしょうか。

日焼けすると皮膚の水分がなくなる

日焼けはやけどと一緒です。
日焼けした場所が炎症を起こし熱を持つようになるので
皮膚が水分不足になり、乾燥を引き起こします。

結果、皮膚がかゆくなります。

つまり、冬にカサカサと乾燥してかゆくなるのと、
夏の日焼けによって乾燥し、かゆくなるのは同じような現象なのですね。

日焼けすることでぶつぶつができてかゆくなる

日焼けすると、かゆくなるのは乾燥のせいだけでなく、
ぶつぶつになる場合もあります。

日焼けしてぶつぶつになった場合は
日光皮膚炎や日光(光線)過敏症の疑いがあります。

この場合、かゆくてもかきむしるのはやめて、皮膚科の先生に診てもらうのが一番です。

日焼けによるぶつぶつの原因

日焼けしてぶつぶつができてしまう原因は、
通常は、日焼けをした後にメラニン色素が作られるのですが、
メラニン色素が作られずにアレルギー反応のように現れます。

この症状は日焼けしても、黒くならずに赤くなる人に多いです。

基本的には数日たてばぶつぶつは治りますが、
数日たってもぶつぶつがひかなかったり、かゆみが残ったままな人は皮膚科に行きましょう。

日焼けしてかゆみが出た時の対処法

日焼けしてかゆみが出てくるまで、6時間~24時間あります。
これは個人差があります。

日焼けしてかゆみが出てきた場合は、
すぐに冷やす!

日焼けによるかゆみはすぐに冷やす

これが大事です。

氷水で濡らしたタオルをかゆい場所にあてたり、
保冷剤をタオルにくるんであてたりします。

冷やすことで皮膚のかゆみが収まります。

冷やした後は潤いを!

冷やすことによってかゆみを抑えられた後は、
保湿ケアをして肌に潤いを与えましょう。

保湿ケアとしては、化粧水やローション、乳液などで
しっかりとケアしてあげることが重要です。

身体の内側からのケアも大事

日焼けのかゆみのケアには内側からのケアも必要

外側から保湿ケアをした後は、内側もしっかりとケアしてあげましょう。

水分をいつもより多くとったり、フルーツなどでビタミンをとることも効果的です。

↓ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります↓


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

リンク

3Dタグクラウド

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る